忍者ブログ
自分が遊んだゲームのことなどを中心に、適当に書いています。
[360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は再びソウリュウシティ編です。いよいよ最後のジムなので気合が入ります。
以下感想箇条書きにつき、ネタバレ注意。

<ソウリュウシティ>
・ゲートを抜けて、進んで行くとアデクが居る。ゲーチスとプラズマ団も居て、多くの聴衆の前でポケモンを苦しめているから解放しようという演説を聞く。演説を終えるとゲーチス達は去っていく。
・その後アイリスとシャガが今の演説について話をしているので、アデクと一緒に挨拶に行く。
・アイリスは主人公のこともちゃんと覚えていたようだ。アデクはシャガにずばり伝説のドラゴンポケモンのことを聞く。アイリスによると2匹は仲良しらしい。
・話が終わるとアデクはポケモンリーグに戻り、Nを倒すと言う。さらに主人公のこともチャンピオンとして待っていると言い、ソウリュウのジムバッジを手に入れて来いと言って去っていく。
・シャガは伝説のドラゴンポケモンのことについて話すので家に来るように言う。アイリスの案内でソウリュウシティを歩いていくことになった。
・アイリスがあっちだよ、と言って北に向かっていって、こちらを向いて待っているが自由に動けるので自転車に乗って探索開始。
・掲示板によると、シャガはジムリーダーだけではなく市長もやっているらしい。彼に認められればドラゴンタイプ最強の技を教えてもらえるそうだ。
・パーティがボロボロなのでポケセンで回復。街の人からはさっきのゲーチスの話を受けたコメントが多く聞ける。ジムにはリーダーのシャガは今家に居ると言われて入れない。
・ポケセンの北の建物に入って入口に居た女の人に話を聞くと、ジャローダはまだまだがんばれるって感じと言われた。努力値のことだろうか。2階に上がると過去と未来を繋ぐ装置が動かないからじゅうでんを覚えたポケモンを貸してくれないかと言われる。居ない。
・バトルの館という建物でローテーションバトルをする。1階のエリートトレーナーを倒して、ミネズミがLv.16→20、ヨーテリーがLv.27→28にそれぞれ上がる。安全に経験値が稼げておいしいなあ。ミネズミも進化できるようになったがここはキャンセルする。ヨーテリーがものひろいでふしぎなアメを拾っていた、これはおいしい。
・2階のエリートトレーナーもジャローダで倒して、さらにミネズミがLv.20→21、ヨーテリーがLv.28→29にそれぞれ上がる。ミネズミはさいみんじゅつといかりのまえばを覚えたので先攻できれば活躍できるかも、ということでチョロネコに持たせていたせんせいのツメをミネズミに持たせてみることにする。
・バトルの館の隣の建物であかいいとをもらった。あとジムの南側にある一番西の建物にはミュージカル大好きおじさん♪という人から毎日グッズがもらえるようだ。
・アイリスが居るところ以外は全部回ったので東のゲートを出ようとすると、「この先ちょいとありまして今は通行禁止なんですよ」と言われて通れない。ちょいとって何なんだろう。足止めの理由が段々適当になってきた気がするなあ。素直にイベントをこなしていないから通れない、って言われた方がすっきりする気がするのだが。
・諦めてアイリスに近付くと、ぴょんぴょんしながらまた少し進む。さんざん待たせたが怒ってはいないようだ。また近付くとシャガの家に着き、入っていってしまうので自分も入る。
・中に入るとシャガとアイリスがゼクロムとレシラムの話をしてくれる。アイリスの台詞は全部平仮名だから読み辛いなあ。2匹のドラゴンポケモンは元は一匹で、双子の英雄が争いあった時分裂してそれぞれの味方をした。その後、双子の子供達が争いあった時に世界を滅ぼして姿を消した。そんな感じのようだ。なんか物騒だなあ。肝心のレシラムを目覚めさせる方法はわからないそうだ。シャガはそこまで話すと主人公の挑戦を待つべくジムに戻る。
・2階に上がると、持たせると体重が半分になる「かるいし」と、持たせるとタイプ無効のわざが当たるようになってしまう「ねらいのまと」という、上級者向けの新しい道具がもらえる。
・これでジムに入れるようになるので行ってみる。シャガの説明はスパルタンメイヤー、とあるけどどういう意味だかよくわからない。まあカッコ良い響きではあるけど。ああそうか、メイヤーって市長のことだよなあ。ふとジムをよく見れば、白と黒の外壁に双頭の竜の形をしていてちょっと良い感じ。
・ソウリュウジムは最強のジムだというのでちょっと楽しみだ。現在ジャローダのLvは56、ローテーションバトルで半分近く削れているけどそのまま突っ込むことにする。
・ドラゴンの体のようなクネクネした道を進む。ドラゴンの腕部分に上から飛び降りて乗ると、ドラゴンの頭部分が動いて道が変わる仕組み。首が動く演出の時に高いところに居るシャガの姿が一瞬見える。
・弟Aから以前、ダルマッカはLv.35でヒヒダルマに進化してとても強いという話を聞いていたので、途中で出てきた素早さの低いクリムガンに対して、ミネズミでさいみんじゅつ→いかりのまえば、ヨーテリーのかたきうちで削った後、ダルマッカのかいりきで倒した。ついにLv.35に上がってヒヒダルマに進化して、特性がはりきり→ちからずくに変わって、特性の効果は1.5倍→1.3倍に落ちて、適用範囲が追加効果の付いている技のみに限定されるようになるが、かわりに全能力がアップして命中率が下がらなくなったのでかなり安定感が上がったはず。
・ジムの仕掛けは3Dの表示をギミックに上手く活かせていてなかなk良い感じだなあと思えた。面倒臭いけど。トレーナーはオノンド・モノズ・クリムガンのどれかを出してくる。オノンドとモノズは積み技を出している間に倒せるのでそんなに辛くなかった。クリムガンは特性のさめはだが結構厄介だった。みんなくさタイプの技があまり効かず、とぐろをまくからのたたきつける連打に頼ることになるので、一気に倒すのはちょっときつい。オノンドは結構経験値をくれるので嬉しい。
・弟Bがやってきて、ブラック版とホワイト版はソウリュウシティの雰囲気が全く違い、音楽も違うと教えてくれた。ホワイト版だとジムリーダーがアイリスになっているそうだ。それはそれで面白そうだ。
・一度ポケセンに戻って回復後、ソウリュウジムのジムリーダーのシャガ戦。自分のパーティはこんな感じ。
ポケモンタイプ特性Lv.
持ち物
ジャローダくさしんりょく57たたきつけるリーフブレード
おまもりこばんやどりぎのタネとぐろをまく
ミネズミノーマルにげあし21いかりのまえばかみくだく
せんせいのツメさいみんじゅついあいぎり
ヨーテリーノーマルものひろい29いわくだきかたきうち
なしてだすけかみくだく
チョロネコあくかるわざ20シャドーボールまもる
くろいメガネねこのておいうち
ヒヒダルマほのおちからずく35かいりきほのおのパンチ
シルクのスカーフはらだいこフレアドライブ
シンボラーエスパーマジックガード33シャドーボールおいかぜ
ひこうピントレンズそらをとぶシンクロノイズ

青字はわざマシン技、赤字はひでんマシン技。
・シャガはアイリスのように若いトレーナーに期待しているようだ。
・シャガの手持ちはオノンド♂Lv.41(技はりゅうのまいなど)、クリムガン♂Lv.41(特性さめはだ、技はドラゴンテール、なしくずし、リベンジなど)、オノノクス♂Lv.43(技はりゅうのまい、ドラゴンテール、きりさくなど)の3体。使用ポケモンの体力が残りわずかになるとシャガはすごいキズぐすりを使用してくる。
・初戦はオノンドがりゅうのまいを連打している間にジャローダのやどりぎのタネ→とぐろをまく×2→たたきつけるで倒したが、クリムガンのドラゴンテールで強制交換させられ、その後のオノノクスのりゅうのまい連打からのドラゴンテールの強制交換であっけなく全滅。
・リセットして2戦めはオノンドの(りゅうのまい×4)の間にジャローダの(とぐろをまく×4)を決めて、たたきつける×3で3タテしてあっさり勝利。
・シャガはバッジをくれた後、わざマシン「ドラゴンテール」をくれる。実際にくらってみて、相手をする分にはかなり厄介だったが、自分で使うには微妙な技だなあ。ジャローダはドラゴンではないが、ヘビで尻尾があるから覚えられるようだ。
・アデクを追いかけてポケモンリーグに行け、と言われる。ポケモンリーグはソウリュウシティの先の10番道路の先のチャンピオンロードを抜けた先にあるそうだ。展開的にアデクではNを止められないんだろうなあ。
・入口の人に話しかけると、賛辞の言葉と一緒に、そろそろ今までサービスしたおいしいみずの代金をそろそろもらえるか、と冗談を言われる。この人の反応はいつも微妙でコメントに困るなあ。
・今までの経験からもしかして誰か待っているのかなと思いつつ、ジムを出ると、やはり誰か居る。アララギ博士が居て、いつものようにハーイと声をかけてくる。
・「シャガさんはたくましかった?」と聞いてくるが、曖昧な質問だなあ。彼の体型のことなら確かにがっしりしてたくましいが、バトルの強さのことだろうか。
・なんとアララギ博士はレシラム復活の方法の連絡のためにわざわざやってきたそうだ。「ライブキャスターで伝えるのもなんだか申し訳ないしね」と何だかいつになく真面目な雰囲気で語ってくる。そんなの気にしなくても良いのになあ。
・期待して話を聞いてみると、結局わからなかったそうだ。なあんだ。相手を認めたときに目覚めるんじゃないかと適当に言ってくる。それよりも主人公がバッジを8個集めてたくましくなった、と褒めてくれる。
・その後、北のゲートの方向に一緒に歩き、この先に進めと行ってくる。そしてポケモンと出会ってここまで進んできたことを後悔していないか聞いてくるので、もちろんいいえと答える。そうすると博士は喜んでマスターボールをくれて、励ましてから去っていった。
・念のため東のゲートを出ようとすると、やっぱりまだ通れない。諦めて北のゲートから10番道路、チャンピオンロード、ポケモンリーグに向かうことにしようと思う。アイリスに一応挨拶に行ってみるが特に台詞は変わっていなかった。
・北のゲートに入って進もうとすると、案内の人に呼び止められて、ライブキャスターで聞いた話だが7番道路で自然現象でない暴風雨が起きている、と聞かされる。せっかく教えてもらったのでやっぱり7番道路の様子を先に見に行くことにした。

とりあえずここまででジムバッジが8個全部揃い、ここまでのプレイ時間:48時間36分、ポケモン図鑑104匹です。次回は7番道路の様子を見に行ってきます。
あとさっき弟Bが入ってきて、家族が誰もCギアを起動していないのにすれ違い通信で他の人が表示された、と言ってきた。ひょっとして周りの家でも誰かやっているのかなあ、と思いました。通信はすごく広範囲を拾えるみたいですね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
家庭用アルカナハート3 カウントダウンブログパーツ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/12 とっぴー]
[12/12 41]
[09/28 NIP]
[09/25 oka-D]
[08/21 NIP]
プロフィール
HN:
NIP
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]


「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト