忍者ブログ
自分が遊んだゲームのことなどを中心に、適当に書いています。
[356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回はレシラムのライトストーン絡みのイベントばっかりです。
以下感想箇条書きにつき、ネタバレ注意。

<古代の城>
・ライモンシティ→4番道路→リゾートデザートを通って古代の城へ。リゾートデザートには医者が居たから、よく考えるとポケセンで回復する必要は無かったなあ。全部トレーナーを倒してあるので古代の城の入口までは一直線。
・入口に入ろうとすると、チェレンが追い付いてくる。先に付いていたことに驚くチェレン。そういえば大体チェレンはこういうとき先回りしてくるもんなあ。ここはチェレンがライモンシティで待っていた頃に既に探索済みだから、早く着くのは当たり前なんだけども。アデクは既に入っているそうだ。
・中に入ると砂で通れなかった下の階にも進めるようになっていた。階段を降りると、リョクシというプラズマ団の七賢人が立っている。偉そうなことを言ってくるがバトルはしてこない。その後、プラズマ団のしたっぱ達を倒しつつ、流砂で落下していく。途中でシャドーボールのわざマシンがあったので、チョロネコとシンボラーに覚えさせる。たいようのいしも拾った。
・プラズマ団のしたっぱは弱いが、ダストダスを出してきたしたっぱとのバトルで、ジャローダがどくを浴びてピンチに。したっぱの数が多いので少しずつ体力が減っていって残り20を切るところまできて、シンボラーが残りHP30ちょっとで他は全部ひんしの状態まで追い込まれたが、何とか最後のしたっぱを撃破できた。
・降りるとゲーチスとアデクが居て、チェレンもすぐ追い付いて来る。主人公に対して、王に認められた、と言うゲーチス。王様として認められた、という意味ではなく、王様のNに認められた、という意味のようだ。ゼクロムが居ればチャンピオンのアデクなどもはや敵では無いと思っているそうで、チャンピオンを倒し、ポケモン達を解放しようと企んでいるようだ。それをレシラムを連れてきて止めてみろ、という挑戦状だね。
・ゲーチスの話だとアデクはパートナーのポケモンを病で亡くしてから放浪の旅をして居るそうだ。あとレシラムはここには居ないということで、アデク達と一緒に自動で戻ることになる。
・城を出ると、アデクと話をして、ゲーチスの思い通りになるのは気に入らないが、やはりレシラムを探すしか無いということになる。それからライブキャスターでアララギ博士から通信が入る。主人公の名前を連呼してきて、相当興奮して急いでいる様子だ。今すぐシッポウシティの博物館に来いと言われる。それを聞いていたアデクは一足先にそらをとぶで行ってしまう。チェレンはもう少し古代の城を探索するそうだ。自分もそらをとぶでシッポウシティに向かった。

<シッポウシティ>
・博物館の周りで、アララギ親子、ベル、アデクが待っていて、近付くとイベントになる。アロエが博物館から出てきてライトストーンを主人公に渡そうとするが、アデクから待ったがかかる。
・アデクから、石を受け取るということはアデクに何かあった時に代わりにNと戦うことになるがそれで良いのかどうか、という質問をされて覚悟を聞かれるので、いきなりそんな覚悟はできて居ないのでいいえと答える。
・そうすると、今度はNがポケモンを開放するのを待つのかと聞かれるので、それにはいいえと答える。するとそれがお前の覚悟なんだな、と納得するのでアロエからライトストーンを受け取れる。
・ちなみにここではいと答えると、結局どうしても受け取ってくれと無限ループでアデクに頼まれて嫌々押し付けられる形になり、いずれにしても受け取ることになる。この選択肢は後々何か意味があったりするのだろうか。無い気がするが。
・盛り上がったところでどうやってレシラムを石から復活させるのかという当然の疑問が出るが、誰もわからない。ソウリュウシティのジムリーダーはドラゴンタイプの使い手だから何かわかるかもしれないという話しになって、一足先にアデクはそらをとぶで行ってしまう。
・アララギ親子も研究所に戻ってしまう。アロエとベルはその場に留まる。ベルはいまいち話が理解できていないようだが、ソウリュウシティの行き方を教えてくれる。
・博物館では持っている「ふたのかせき」をプロトーガに復元できる。頼んでみると博物館を出ることも無くあっという間に復元してくれるが、やっぱり今復元しなくても良いかなと思ったのでリセットする。Nを止めて、世界が平和になったら復元してあげよう。

漠然と悪さをするというわけではなく、トレーナーからポケモンを解放してしまうというのは、ポケモンというゲームそのものを否定する行為なんだけど、頑張ればわりと実現可能そうなところが怖い気がしますね。次回からはセッカシティに戻ってソウリュウシティに向かって行きます。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
家庭用アルカナハート3 カウントダウンブログパーツ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/12 とっぴー]
[12/12 41]
[09/28 NIP]
[09/25 oka-D]
[08/21 NIP]
プロフィール
HN:
NIP
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]


「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト