忍者ブログ
自分が遊んだゲームのことなどを中心に、適当に書いています。
[345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ライモンシティでのプレイの続き、カミツレはまだ倒していません。
以下感想箇条書きにつき、ネタバレ注意。

<ライモンシティ>
○ライモンジム
・街を色々回ったけど、ジムがあるはずの遊園地が見つからずに結構迷ったなあ。まさか横向きの入口になっていたとは。
・遊園地でNを倒し、プラズマ団が去っていくのを見送ってから、回復してジムトレーナー戦。ライモンジムはおじょうさまとおぼっちゃまばかりで、でんきタイプのエモンガやシママを出してきるので、こちらの麻痺率が高くて面倒臭い。
・ジェットコースターは特に迷うことも無くほぼ一本道。待ち時間があるのがちょっと面倒な感じ。凝っている割にあまり面白いギミックではないなと思う。
・麻痺しつつもゴリ押しでジムトレーナーを全員倒し、カミツレの前まで行ってからジムを出てトライアルハウスへ。

○トライアルハウス
・行ってみたら全てを終わらせてからでないと参加できないとのこと。説明を聞いて、期待を持たされておいてから使えないと聞くと、ちょっとがっくりくる。仕方がないのでミュージカルホールへ。

○ミュージカルホール
・チョロネコで全種目を2周してきたが、腕にアクセサリーが付けられないため、本当に見ているだけ。他のポケモンにアピールをしまくられて、終了後の手紙で「あまり目立ってはいなかったけど・・・」とか書かれるので結構悔しい。目立っていた相手のエモンガへの手紙は「~が主役だったと言っても過言ではないと思います」とか書かれていたなあ。
・目立たないとファンもあまり来ないし、グッズもほとんどもらえない。
・参戦してくる他のポケモンのうち、特に赤い帽子と赤いマントを付けたチラーミィが結構可愛いなあと思った。
・ベーカリーの女の人がよくグッズをくれるんだけど、腕のパーツはチョロネコじゃ付けられないからなあ・・・。
・そこで気分を変えてジャノビーで全種目を1周してみた。ジャノビーは二足歩行だから、両腕にアクセサリーが付けられる。チョロネコよりもかなり沢山アクセサリーが付けられて有利な感じ。ただ体は大きくないから付けまくると荷物を持たされているようにしか見えない気がするが。
・ミュージカルでは腕に装備するアクセサリーを付ければタッチペンでアピールをさせることができる。両腕に装備させておけば2回アピールできるので、適当にタッチして目だってみた。すると、ファンの数ももらえるグッズの数も劇的に増えた。手紙をもらう順は目立っていない順で、一番目立っていると写真で飛び跳ねた状態で写るようだということがわかってきた。
・しかしこのイベントは続けてやるのにも、いちいちタッチペン操作とボタン操作を切り替えないといけないからちょっと面倒臭いなあ。あと種目を選ぶ時にいきなり選択できるようになって、かつキャンセルできないから間違えて初期カーソルの「Stardom!」を押してしまうことが多いので慣れないうちは注意が必要だと思う。
・このゲームは選択肢が出るタイミングが前作までと違うから、全般的に選択肢を間違えて押してしまうことが自分は多い。

○すれちがい通信
・会社帰りの電車の中でやってみると、結構すれ違い通信の人数が溜まる。遊び方の調査をしてみると、ホワイトの方がちょっと多いことや、最初の3匹はツタージャ・ミジュマル・ポカブの順に人気があることとか、プレイ時間が短い人が多いけど、たまに50時間・60時間やっている猛者がいたりすることとかがわかって面白かった。ツタージャとミジュマルは人気だけど、ポカブは人気がないなあ。全国的にも同じなんだろうか。
・ハイリンクは1回繋がりそうで繋がらなかった。まあこれは友達同士でやるべきだろうね。

○ギアステーション
・ギアステーションのバトルサブウェイもトライアルハウスみたいにまだ参加できないのかなと思って、とりあえずマルチトレインに行ってみたらなんと参加できた。しかも1人で。もう1人はどうするんだろうと不思議に思っていると入口から女主人公のグラフィックの「ポケモントレーナーのトウコ」が、一緒に参加してくれることになって嬉しかった。トウコは自分が参加させるポケモンのスタイルを聞いてきてくれるので、ある程度は戦略が立てられる。
・最初は攻撃重視でお願いしたら、こおりタイプのツンベアーとドラゴンタイプのオノノクスというポケモンで参加してきた。ツンベアーは後攻ゆきなだれ、オノノクスはげきりん連打→混乱→キーのみで回復という感じ。どちらもほぼフルアタに近い構成で火力がとても高くて頼りになった。こちらはジャノビーとシンボラーだがほとんど任せ切りで7連勝達成。
・7勝すると、駅のホームで一休みできるが、自動販売機で飲み物を買うくらいしかできることは無い。トウコに話しかけると励ましてくれるのでちょっとやる気が出る。
・2回めの乗車はバランス重視で、今度はトウコがくさタイプのドレディアとでんきタイプのシビルドンを出してきた。ドレディアはやどりぎのタネ+まもる+たべのこしで耐えつつエナジーボールで攻撃する戦法、シビルドンはワイルドボルトやかわらわりでひたすら攻撃する戦法。シビルドンはでんきタイプで特性がふゆうだから弱点が無く、非常に強いと思った。こちらはヨーテリーやダルマッカを出したが、ヨーテリーはほとんど即死するのであまり活躍できなかった。
・3回めの乗車は再び攻撃重視にしたが、今度はトウコがいわ・ひこうタイプのアーケオスとじめん・あくタイプのワルビアルを出してきた。一体この人は何体ポケモンを持っているのだろうか。アーケオスの特性よわきは、体力が半分以下になると能力ダウンするマイナス特性だが、素早さや攻撃が圧倒的に高いので速攻が強い。ワルビアルはじしんを覚えているが、こちらが巻き込まれる時は遠慮して使ってこない。あと、あくのジュエルというあく技の威力を高めるという見慣れないアイテムを持っていた。アーケオスのとんぼがえり→ワルビアルのいかく発動は、相手が物理型なら必勝パターンだと思った。
・何とか勝ち進み、3回めの乗車で遂に21組めの対戦。サブウェイマスターのノボリとクダリという2人組が相手。アーケオスが弱点を突かれて即落ちし、ワルビアルも弱点を突かれて早々にやられてしまって敗北。サブウェイマスター撃破はそんなに甘くはなかった。やはりこちらのポケモンが戦力外だからなあ。
・ギアステーションの他の線も調べてみたが、スーパーが付いていない路線は大体参加できるようだ。
・その中で、唯一バトルに関係なくカナワタウンいきの電車が出ているので乗ってみた。あっという間にカナワタウンに着く。

○カナワタウン
・行ってみても、ゲーム的にはほとんど何も無いところ。民家やダウジングなどでアイテムが多少もらえるくらい。しばらくまったりしてからライモンシティに戻った。カナワタウンには一瞬で着いているから、さぞライモンシティの近くにあるのだろうと思ったが、タウンマップで確認すると、地図の一番北西にあってとても遠い所で驚いた。

まだカミツレ戦に行く元気が出ないので、続きはまた今度にします。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
家庭用アルカナハート3 カウントダウンブログパーツ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/12 とっぴー]
[12/12 41]
[09/28 NIP]
[09/25 oka-D]
[08/21 NIP]
プロフィール
HN:
NIP
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]


「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト